塵芥の終着点

いろいろ考え中です

駅構内のトイレでビッグフットとナワバリバトルした話

今までの人生で、死を覚悟した瞬間というものはあるだろうか。

私は何度もある。レポート提出日に寝坊とか、跳び箱前転を失敗した時とか(体育の授業に器械運動はいらない)、組体操のピラミッドを失敗した時とか(体育祭に組体操はいらない)、女児向けアーケードゲームに興じている際に隣で妖怪ウォッチをやっている少年に「なんでそれやってるの?」と聞かれた時とか、いろいろある。

死を覚悟した瞬間の中にもいくつかレベルがあると私は考える。いやそんなに死を軽々しく感じるなよという話ではあるのだが、実際ある気がする。その中でも特にレベルが高い、あってはならない部類の死とは『他人に被害を及ぼすタイプの死』であると私は主張する。被害が自己完結してさえいれば、それは自分ひとりの死である。痛みに軽重はあれど、結局は自分の身体やらプライドやら女児心やらが傷つくに過ぎない。ところが、他人を巻き込むタイプはそうはいかない。人に迷惑を掛ければ、当然申し訳ない気持ちになる。たくさんの人に迷惑を掛ければ、乗算的に申し訳ない気持ちになる。

 

以上の理屈を踏まえると、特にやばい、文句なしのSSSクラスの、SSR確定演出の、人生ガチャ大爆死の瞬間とは、人体の上か下から禁忌を出すことであると考える。

 

ま、つまりゲロとか脱糞とか放尿とかです……

話題は汚いけどそんな汚い表現にはしないつもりなのでブラウザバックしないでください……

 

その日私は急行電車に乗った。次の駅に停車するまでに少なくとも10分はかかるそれである。いつも通りこんな回りくどい前置きをしたのでもう分かってくれた方も多いと思うので、とっとと本題に入りましょう。

 

 

腹痛、襲来。

 

 

(あああああああああああああああああああああああ)

 

 

濁流の如き胃腸の暴走。ここから出せと言わんばかりの老廃物(未来の排泄物)の主張。崩壊する自律神経。天国へのカウントダウン

(俺、ここで死ぬのかな……)

まさに死を覚悟した瞬間である。まだ出してないのに!この時点で死を!

(どうせ死ぬなら…)

といって死後強まる念で肛門に伸縮自在の愛を発動することができればよかったのだが、あいにく私は念能力の一つも持っていない。と、ここで、

 

「次はー○○ー○○ー(停車駅のアナウンス)」

 

(!!!!!!!!!)

耐えたッ!よくやったぞ俺ッ!降りたこともないよく知らない駅だけど取りあえず駅構内にあるトイレを利用すればッ!

ドアが開いたその刹那、私は震動を抑えつつ、且つ迅速な足取りで階段へ向かった。多分『瞬歩』とか『響転(ソニード)』とかそのへんを習得できてたと思う。

(あった!男性のピクトグラム!)

男子トイレをくどい表現で言い換えつつ私はその目当ての場所に向かっていた。入り口には人影、脳裏を過ぎる嫌な予感。

(いや……一人並んでいるくらいなら耐えられる……ここは自分を信じて突っ込むしか……)

 

その時であった。奴が現れたのは――――――

 

 

 

「ハンッ!フンッ!ハンッ!フッ!ハッ!ハッ!ハッ!フンッ!!!!

 

声として漏れるその限界を超えた呼吸。蒸発が如き汗の噴出。今にも胆汁を吐き掛けそうなその膨らんだ腹部。私の右斜め前方から、そいつは現れた。

 

フンッ!ハッ!フンッ!!

 

(あああああああああああああああああああああああ!!!) 

 勝てない。こいつの走力に俺は勝てない。俺はこいつに先を越される。その巨体。巨漢。立ち居振る舞い。全てが人知を凌駕したそれ。その姿はまるでビッグフット――

 

「フゥゥゥゥ!フッ!」

 

ビッグはすぐさま男子トイレの個室の列に並び始めた。

(これは……もしかすると……!)

恐らく私と同様の極限状態であるが故、周囲を見渡す余裕などとうに失われていたのだろう。だが、そこが私とこの図体だけの巨漢(ウルトラ失礼)との差である。

(お前には見えていないようだな……多機能トイレが!!)

多機能トイレ。体の不自由な人が優先ではあるが、やむをえない場合は使用してもよいと考えている。なにぶんこの非常事態である。利用しない手はない。幸い多機能トイレには列が無く、中の一人さえ出れば私が救済されることは自明であった。

(この勝負、もらったよ……)

キメ顔でそう心の中で呟いた瞬間、戦慄奔る――――

 

 

ハッ!ハッ!ハッ!フンッハッ!!!

「う、」

うわあああああああああああああああああああああああああビッグきたああああああああああああああああああ!!!

おいやめろこっちくんなやめろばか無駄に俊敏なのやめろまだ俺がぴったりドア付近に近づいていないから並んでいない理論通すのやめろ息荒いのやめろ服装俺と似てるのやめろやめろ……やめ……

 

(………………!!)

 

何、だ……、この、禍々しいオーラは……。こいつは、先ほどから息を荒げて威圧をしているだけのように見えた。しかしそうではない。こいつは、本気で、私以上に、""覚悟""を背負っている。こいつの腹の底が、果てしない。内に秘めたる終わりの見えない""死""のオーラに、私はあっさりと気圧されてしまった。

 

あんたはここに立つ資格が無い。それだけのことだ。

 

 確かに、私の目を見て、その巨漢は、そう訴えかけていた。

 

 

(負けだ……)

かつてない程の完全敗北であった。背負うものが違い過ぎる。腹に秘めた絶望は私を圧倒していた。雑兵たる、虫けらたる、洗面所に虚しく沈む石鹸のカスたる私は、ただ頭を垂れて這いつくばる他無かった。けど、トイレは汚いし、這いつくばるのはやめた。

ここはお前に譲ってやるよ。いいさ、俺が死ぬ代わりに誰かが助かるんだ。理想を抱いて溺死してやるさ。固有結界を張って無限の排泄<アンリミテッド・ブリブリ・ワークス>してやるさ。でも思い出してほしい。お前が今日この時を安息に生き続けていられるその事実は、私の親切心より生まれたものであることを。忘れないでほしい。尊い犠牲を。週一くらいのペースで拝みに来てほしい。一人の勇者の石碑を。

 

 

※この後何があったか、同じノリで書こうと思ったけど、どうあがいても面白くならないので適当に書きます。

私は駅から出てコンビニを探しました。数分後、唯一と思える近辺のコンビニを見つけました。サンクスでした。トイレがありませんでした。店員はレジにでも用を足してるんでしょうか。怒り狂いました。とっととファミマになれと思いました。何がすぐそこサンクスだトイレもすぐそこに置けやと思いました。結局ビッグが居た駅構内のトイレに戻りました。清掃のおばちゃんが来てました。終戦を感じました。ケツから玉音放送が流れ始めました。おばちゃんが私にアイコンタクトしました。その目線の先、秘密の隠し扉がありました。というか、和式が一つ空いてました。ありがとうおばちゃん。玉音放送が水に流れました。幸い外傷は無く無傷でした。待ち合わせの時間をだいぶオーバーしていたので急いで電車に乗り、スマホをリュックから取り出そうとしました。オレンジ色の錠剤を見つけました。ストッパって書いてありました。

「って下痢止め持ってるやないかーい」

おしまい

恥ずかしいことから逃げようとしたら更に恥ずかしかった話

公衆の面前において、気まずい雰囲気や恥ずかしい思いというものは誰しもが一度は経験するものだろう。

例えば電車内。さっきまで大声で会話していた友人が先に降りた後の電車内。さっきまで談笑に夢中でテンション爆上げだった自分が、一瞬にして静寂の中の一人に様変わりするこの空気感。何故か恥ずかしい思いにならないだろうか。

例えば人通りの多い道。何もないところで躓いた後の雰囲気。視線は一斉に自分へ向けられる。何故か恥ずかしい思いにならないだろうか。

そう、誰かがいればいいのだ。恥というものは実は共有できる仕組みになっていて、恥力530000を食らったとしても4人で行動していたら一人当たり132500に分配が可能であるのだ。等分であるかはさておいて。

しかし現実は孤独だ。530000をモロに食らった瞬間、自分はいつも思うのだ。

「ああ、この世界には自分ひとりしかいないんだな」

もう気分は終末の世界に立ち向かう一人のソルジャーである。携帯固形栄養食で飢えをしのいだ夜に焚火に映る妹の幻影なんか見ながらつぶやく感じである。

 

で、その宿命のソルジャーはどうやってその状況を乗り越えるかというと、方法は単純で、「逃避」である。防衛機制でもおなじみの逃避である。

電車の静寂が嫌ならイヤホンを付けて騒がしくしてしまえばいい。転んだ時の視線が嫌なら人目につかないトイレにでもダッシュしてしまえばいいのだ。ソルジャーってほら、泥臭さから美を見出すものだからさ。

 

そんなわけでやっと本題なのだが、突然だがみなさんは「とらのあな池袋店」に行ったことはあるだろうか。少し説明すると、池袋のとらあなは離れた位置に2店舗存在し、それぞれ男性向けと女性向けで隔離されたような配置になっている。シコ猿の僕はというと、当然男性向けの成年向け単行本コーナーに幼児が、じゃなくて用事があったのである。

ところが、このとらのあなA店(女性向けはB店である。このアルファベットを覚えておいてほしい)なかなか立地が悪い。多分だけどエレベーターでしか行けない。そしてビルディング自体が保険会社等と複合で利用している感じでスーツを着たリーマンとキモオタが同じ箱の中で上昇する奇妙な光景が楽しめる(楽しめない)。で、そのエレベーターの中には各階の案内表示が無いのだ。つまり乗る前にしっかり目的の階を覚えてボタンを幼い、じゃなくて押さないといけないのだ。まぁ、ここまで言えば大体予想はつくと思うけど、そういうことである。自分が押した階のドアが開いた瞬間気づいた――――

 

 

 

 

 

 

(押し間違えた)

 

 

 

 

眼前に広がるのは一面の闇。照明の消えた保険会社。静謐が支配する結界。

で、押し間違えたなら当然すぐに閉めて目的の場所を押し直せばいいだけなのだが、今回はその主導権が僕になかった。何故ならエレベーターボーイ一般人(以下、エレ人)がいたからである。エレ人(以下、エレ)は1階にて「何階ですか?」と聞いてくれて、僕はそれに「5階です!」と堂々と答えてしまったのだ。5階、広がる闇、見つめるエレ(以下、エ)。エの親切心を無駄にする心苦しさもあったが、何より「間違えました」というたった一言がどうしても恥ずかしくて言えなかった。今になって振り返るとなんでそんなことをしたのか皆目見当がつかないが、僕は考えてしまったらしい。

 

「あと1階は階段で上がればいいか!!!」

 

なんか降りてしまった。階段へのドア、鍵かかってた。監視カメラにバッチリ捉えられた。

「何してんだお前……」

蔑むようなトーンで警備員が話しかけてきた。さぁ、何してんでしょうね?

そんなわけで警備員さんと一緒にとらのあながある6階へ向かった。ぶっちゃけ、その数分間は21年間生きてきた中でベスト3に入る恥ずかしさだった。警備員さんにエロ漫画物色を誘ったらどうなるんだろう……とか考えるくらいの余裕はあった。

結論何が言いたいかというと、逃避はあくまで逃避でしかないということである。逃避した先が安住の地である保証なんてどこにもない。ダメージは倍々になって襲い掛かってくるかもしれないし、恥力106万かもしれない。

だから受け入れるのだ。為替ピカチュウで有り金を溶かしてあの世GOするくらいなら、ライフで受けろって、そういう話なのだ。

「痛みを受け入れて、それを乗り越えてこそ、真の自分だよ」

ソルジャー僕からの一言で結びとさせていただこう。

 

 

 

※後日談

 

「久々に来たけどもう間違えないぞ!とらあなは6階と7階だな!よし7階!ぽちっと!」

 

半年ぶりくらいに再戦。7を押せば終わる一瞬の自分戦争であった。

チーン。ドアが開く。

「チーンってな。ちー、え、ち、ちん……」

 

目の前に広がっていたのは、男性同士が熱く身を寄せ合った数々のイラスト。あられもない姿になった六つ子。刀の擬人化の刀の部分の鍔迫り合い。男性客、自分1人。

 

「あああああああああああああああああああ」

 

とらのあな池袋B店、そこにはそう書かれていた。ソルジャーは世界を捨てた。

ザーネワンダー、牙を剥く

f:id:rubbishyoutake:20160320143846j:plainザーネワンダーホイップクリーム。輸入食品を扱うコストコ等で購入できるスプレー型のホイップクリームである。

その用途は多岐にわたり、コーヒーやココアにワンプッシュ、ケーキやチョコに甘さをプラス、漢の直飲み、その他自由自在である。

 

今回私は白玉ぜんざいにこいつを使おうと企てた。想像するだけで垂涎ものだ。抑えきれない糖分摂取衝動。高揚する気分。ウキウキのダンス。

カパッと蓋を開けたその時、事件は起きた……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あああああああああああああああああああくsっせええええええええええええええええええ;;えあえおいわえあああああああああああああああ」くぁwせdrftgyふじこlp

 

 

 

 

 

 

ノズルの先端は黄ばんで渇き切った何か。放たれる、ゴルゴンゾーラをも凌駕する腐臭悪臭。迅速に室内に充満する忌避すべきその臭。戦慄、戦慄、狼狽、錯乱、魑魅魍魎跳梁跋扈、捻転、身悶、吐気、嘔気、にじり寄る死、死死死死死死死死死死

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで換気しました

 

 

さて、何故ザーネワンダーは悪臭を放つ程に腐乱したのか。それを考えねばならない。

ラベル裏に記載されている注意書きを見ると、

・40℃以上の高温を避けてください

とのこと。ここ数日気温の変化が激しいといえど、40℃どころか30℃にも届かないごくごく普通の春の日である。位置的にも直射日光とは程遠い調味料入れに並んでいる。

悩む私に先刻まで熟睡していた飼い猫が物欲しそうに寄ってきた。お前はいけるのか、この臭い……

と、猫が棚の上に乗った。こらこらと降ろそうとしたその時、気づいてしまったのだ。この事件の真相に――――――

 

 

 

目の前にオーブントースターあるじゃん!!!!!(ここまで引っ張るほどのオチじゃないじゃん!!!!!)

おしまい

ピカチュウケーブルが僕たちに教えてくれたこと

f:id:rubbishyoutake:20160316182146j:plainリビングの棚の奥深く、そこには埃被った懐かしのアイテムがあった。

ピカチュウケーブルという。ゲームボーイカラー専用の通信ケーブルがピカチュウ仕様になった実に可愛らしいアイテムである。本当は両端に1匹ずつ、計2匹のピカチュウが居るはずなのだが、片方が消失している。

私は当時自分専用のゲームボーイカラーというものを所持しておらず、姉がプレイしているのを横から覗き込んだり、姉が64でカービィをやっている間に少しやらせてもらったりと、そんな感じの家庭内ヒエラルキー最下層の末っ子ゲーマーであった。長女は金版、次女は銀版を所有していた。

さて、次女(以下、長女は登場しないため姉とする)はよく近所の友人(以下Mちゃん)と通信交換や対戦をしていた。ケーブルはMちゃんが所持していたため、それを借りていた。しかし毎回借りてばかりでは面目が無いというものである。そんな中ある日家族で、当時日本橋に出来て間もないポケモンセンタートウキョーへ行った時のことである、そいつと出会ったのは――――

可愛らしいデザインに一瞬で惹かれ、即購入に至った。翌週には自慢も含めて姉はMちゃんとピカチュウケーブルを使って通信をすることになった。Mちゃんもピカチュウが画面横に存在することに嬉し気だった。和やかな雰囲気で始まったポケモンバトル。姉が自慢のメガニウムを繰り出そうとしたその瞬間、事件は起こった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゆけっ!オクタン!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「………………………………?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとう!メガニウム は オクタン に しんかした!

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?いや、姉の手持ちにもMちゃんの手持ちにもオクタンはいませんけど?

そう、バグった。こっちが衝撃的で記憶が定かでないが、確かMちゃんも手持ちと異なるポケモンが出たと思う。幼少期に遭遇するバグや不具合の類は、怖い。windows95の警告音も、怖い。マリオワールドの鍵ゴールも、怖い。ピクミン2のアメボウズも、怖い。

さて、驚きと恐怖で姉は半泣きになりながら、とりあえず技を選んだ(子供のころは下手に電源を消すことに危険を感じていたため)。確かみずでっぽうとかその辺を選んだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オクタンのはかいこうせん!」

 

 

 

 

 

 

おい!!!命令無視すんな!!!!!技隠し持つな!!!!!!

ちなみに金銀ではLv70で覚えるらしい、はかいこうせん

そんな訳で出るポケモンも繰り出す技もしっちゃかめっちゃかのカオス通信対戦、フリーズだろうか、通信待機中画面から動かなくなり、結局電源を切ることで幕を閉じた。Mちゃんが所有する普通のケーブルで改めて対戦をしたら何事もなく進んだ。

この事件に懲りた姉はピカチュウケーブルを棚の奥に封印した。ひょっとすると、失われた片方のピカチュウは封印解除のキーなのかもしれない……

そして後日、姉はトイザらスから帰ってきてあるものを私に見せつけた

 

 

 

 

 

「見て見て!これトゲピーケーブルっていうんだよ!かわいいでしょ!!!」

悲劇の第二幕、始まる――――

おわり

はじめてみた

前々から長文でだらだらと書きたいことがそれなりにあったのではじめてみました

多分有益な情報はゼロですがよければ見てってください